福岡移住の際に活用している正確な情報収集方法3選!

ふるさと回帰支援センターのセミナー

堤正和(夫)です。

 

福岡に移住を決めた僕らが何故、

縁もゆかりも無い「福岡」に決めたのかという記事を先日書きましたが、

東京暮らし30年以上の僕が「福岡」に移住を決めた7つの理由とメリット

 

「移住をしてみたい」という思いはあれど、

移住先の情報を集めてこないと決定はできないですよね。

そこで、僕がオススメする情報収集先を書いていきたいと思います。

 

1,ふるさと回帰支援センター

ふるさと回帰支援センター

まずは、認定NPO法人が運営する

「ふるさと回帰支援センター」(東京)

「大阪ふるさと暮らし情報センター」(大阪)

を優先して情報収集されると良いと思います。

 

というのも、各県の役所に務める市町村の職員が

ふるさと回帰支援センターに滞在しています。

ですので、正確な情報を教えてもらえつつ、相談事にも的確な回答をしてくれるからです

 

また、県としても移住してもらえるように

各市町村が様々な支援制度を設けているのです。

例)就職支援補助金、子ども医療費支給制度、住宅家賃補助・・・等々

 

しかし、A町はやっているけどB町はやっていないなどもあって

「自分たちが受けられる制度は結局何?」

とわからないですよね(汗)

 

だからこそ、絶対に一度はふるさと回帰支援センターに行って

職員から自分たちが受けられる制度を確認したほうが良いです。

お得に住めるんだったら受けたほうが良いこと間違いなし!

 

僕らが移住する福岡県の場合は、窓口に行くことで

「ふくおか住みたか会員」になることができます(無料)

ふるさと回帰支援センター

会員になることで、メールやDMで月毎のイベント情報を届けてくれますし

「引越し業者」「不動産業者」「レンタカー業者」などの割引を受けることができます!

 

更に移住までのステップが書いてある「福岡移住手帳」や「福岡移住読本」など

どっさりと資料もももらえますよ~

 

■ふるさと回帰支援センター(東京:有楽町)

住所:東京都千代田区有楽町2丁目10−1 東京交通会館8階
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜
HP:http://www.furusatokaiki.net/

 

■大阪ふるさと暮らし情報センター(大阪:堺筋本町)

住所:大阪府大阪市中央区本町橋2−31 シティプラザ1F
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜、日曜
HP:https://www.osaka-furusato.com/

 

セミナーに参加しよう

ふるさと回帰支援センターの窓口だけではなく

定期的にセンターが開催しているセミナーにも参加してみましょう!

 

セミナー情報はHP(ホームページ)に掲載されていますし、

既にふるさと回帰支援センターに行かれた方はDM(ダイレクトメール)で案内が来る場合があります。

 

県全体ではなく、より細分化して各市町村をピックアップしたセミナーとなります。

そこには市町村の職員だけではなく、既に移住をしている先輩達が会場にいらっしゃいます。

移住者としての視点から話をしてくれるので、非常に参考になりますよ^^

ふるさと回帰支援センターのセミナー

ふるさと回帰支援センターのセミナー

ふるさと回帰支援センターのセミナー

先日、福岡県糸島市のセミナーに行ってきましたが

副市長の話、先輩の移住して良かったところ・改善してほしいところ

福岡県の就職事情&提案など情報としてかなりのボリュームがありましたよ^^

おまけに糸島市がオススメするお菓子やサイダーも頂きました!

 

移住支援センターに行くのはまだ早いかなという方

まだ具体的な移住も考えてなく、

とりあえず情報だけ知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

その場合は各県が運営している移住支援サイトがありますので、そちらをまず見ていただくのが良いでしょう。

 

福岡県の場合は「福がお~かくらし」がありますよ^^

https://ijuu-teijuu.pref.fukuoka.lg.jp/

因みに僕の福岡県人度は30%でした・・・(笑)

 

2,現地に住まれている方の意見を聞く/見る

福岡移住

先程の支援センターでは、職員としてのアドバイスなので

実際のところ言えない部分もあるかと思います(笑)

ですが、現地に住んでいる一般の方だったら良いも悪いも話してくれます

 

実際に福岡に移住した方、元々住まれている方と

福岡移住について話したのですが、

【福岡県民は福岡愛が強い】

悪いところがなかなか出てこない・・・(笑)

 

やっと出てきたなと思ったら「冬は寒い」だそうです。

東京よりも寒いことがあるということで、これは実際に体感してみないとですね~

 

移住した人のブログを読もう

移住したい県に知り合いなんていないから

聞くことはできないというあなた。

 

あなたが今、見ているのは「僕のブログ」です。

 

そうです、現地の情報を得られるのは知り合いだけじゃなく

ブログやYoutubeといったインターネットからも情報を得られますよね。

 

僕も移住をふわ~っと考えていたときは

とりあえず、移住された方のブログを読みまくりました。

 

そこで参考になったお一人が

「愛しの糸島ライフ」

https://www.motohashiheisuke.com/

を運営されている「本橋へいすけ」さんです。

 

書かれている記事も移住を考える際に非常に参考になります。

また、僕らと同じで雇われることを辞め

自分の力で稼ぐ力を身に付け移住をされたということに親密性を感じました。

 

人の縁というのは面白いもので、嫁さんがへいすけさんと繋がり

僕も先日、実際にお会いしてお話させて頂くことができました^^

 

福岡に限らず、各地に移住された方がブログを書いている場合がありますので

是非、探して参考にしてみてくださいね!

 

3,実際に現地へ行く

移住したいな~と思うからには

その県に行って良い思い出があるからだと思います。

 

しかし、旅行と移住は同じではないですよね。

ですので、今度は実際に住むという視点を持って移住候補先へ訪れましょう

 

僕も福岡に移住をしようと決めた際に

「大濠公園」「西新」「姪浜」と住みやすそうな

3駅に候補を事前に絞って、再度福岡に訪れました。

 

移住候補先の駅についてからは

 

・不動産屋選び

→実際に物件を決めるのではなく、信頼できそうな担当者がいる不動産屋を見つけます

・街の雰囲気

→騒音、治安、活発なのか静かなのか等

・スーパー、ドラッグストア

→品揃え、価格、駅前からの距離把握

・あったら良いなという施設

→お洒落なカフェ(僕の場合は第2の仕事場として使いたい)、100円ショップ、本屋等

 

といったところを確認して「住む駅」を決めました。

 

これに加えてお子さんがいる場合は、保育園や幼稚園

会社勤めの場合は出勤時の電車の込み具合(福岡の場合は大丈夫ですが)

など自分たちのライフスタイルに合わせてピックアップすると良いでしょう。

 

実際に住むという視点を持って一度は訪れないと

実際に引っ越した時に後悔してしまう可能性があり、そこから容易に引っ越すのは難しいですよね。

 

現地視察は一番的確な情報収集ですので絶対にするべきです!

 

まとめ

実際に僕たちが移住したいな~といったところから

移住を決めたまでの情報収取方法を書いてみました。

 

足を使っての情報収集もあり、

大変だなと思うところもあるかもしれないですが正確な情報収集ができます。

 

最後は「自分の判断」となりますので

やはり後悔をしないためにもやるべきかなと思います。

 

1,ふるさと回帰支援センター/大阪ふるさと暮らし情報センター

2,現地の住まれている方の意見を聞く/見る

 

に関してはスグにでも確認できると思いますので

移住してみたいなと思っているならば、一度情報収集をしてみてくださいね^^

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です