高知で本物の「鰹のたたき」と出会った!次元が違いすぎ・・・!

明神丸の鰹の塩たたき

堤正和(夫)です。

 

四国旅行3日目は「高知県」へ向かいました。

1日1県はバタバタしますが、しっかりとどこへ行くかと決まっていれば

1日だけでも観光+その地の名物を食べるといったことができます。

高松駅(香川県)から高知駅への移動方法

高松駅から高知駅への移動方法は

前回の松山駅(愛媛県)から高松駅(香川県)と一緒で電車か高速バスとなります。

 

値段と時間については以下となります。

 

「高松→高知」の移動

乗車賃:電車4,580円、高速バス3,400円

所要時間:電車2時間22分、高速バス2時間3分

 

こちらも、列車も高速バスも1時間に何本も出ているわけではないので

出発する時間に合わせて早い方を選択する形となります。

香川から高知の移動は高速バスの方が値段も安く、到着時間も早いですね~

 

高知県は「坂本龍馬」推し

高知 坂本龍馬

高知駅につくと駅前にデカデカと坂本龍馬の銅像が立っており

街のいたるところに坂本龍馬の写真、イラスト、名前があります。

 

高知県は「坂本龍馬」が誕生した地ということで、

坂本龍馬に関連する場所があるのです。

 

「龍馬伝」幕末志士社中

高知駅の駅前にも

「龍馬伝」幕末志士社中

というHNKの大河ドラマ「龍馬伝」で実際に撮影で使われた竜馬の生家セットを

ほぼそのまま移動してきたというファンにはたまらないスポットがあります。

 

「龍馬伝」幕末志士社中

「福山雅治」が座っていたという、竜馬の部屋も

自由に撮影してOKですということでしたので僕らも撮影させて頂きました^^

 

詳しく説明をしてくれるガイドさんもいらっしゃって(無料)

坂本龍馬の歴史から撮影時の秘話までお話をしてくれます。

 

実際に大河ドラマを見てなくても十分に楽しめるスポットでした!

 

桂浜

桂浜

高知にも観光スポットは沢山あるのですが、その観光スポットまでの移動距離がかなりあります

ですので、午後に高知について観光となると、車を運転しない僕らにとって

足を伸ばせる範囲は限られてきます。

 

そこで、半日で往復できる観光スポットとして「桂浜」があります。

坂本龍馬が好んで桂浜に来ていたとのことで、

当時と変わらない風景があり、坂本龍馬と同じ景色を見ることができると思います。

 

桂浜は高知駅から往復の専用バス(MY遊バス)も出ていますよ。

MY遊バス

このMY遊バスは高知駅から桂浜直行ではなく、

高知市内の観光スポットを回る周遊バスとなっています。

 

泊まるバス停については以下となります。

  • JR高知駅
  • はりまや橋(デンテツターミナルビル前)
  • 五台山展望台
  • 牧野植物園正門前
  • 竹林寺前
  • 住吉池前
  • 池通技術学校前
  • 龍馬記念館前
  • 桂浜

 

MY遊バス1日券の値段は

大人:1000円、子供500円

となります。

 

このチケットを購入することで、周遊バスに乗る以外にも特典を受けることができます。

市内を走っている路面電車が当日無料で何度でも乗り降りすることができ

更には各施設の割引を受けることができます。

レンタカーなどで桂浜に行く以外は、MY遊バスを利用すると良いでしょう。

 

桂浜

桂浜は波が強いので、絶対に波際にはよらないようにしてくださいね。

(定期的に注意のアナウンスもされています)

 

ひろめ市場

ひろめ市場

高知駅から歩いていける、食のスポットとして

「ひろめ市場」があります。

長い商店街を歩いていけばひろめ市場に着きますので、雨の日でも濡れずに行くことができます^^

 

ひろめ市場は色々な屋台が集合した「屋台村」となります。

ひろめ市場

好きな食べ物を買ってきて、設置されている机に置いて食べるといった

まさに食の遊園地ですね~

平日の夜にも関わらず大盛況で、夜ご飯時になると空いている席がなかったので

集団で行く場合は時間をずらしたほうが無難です。

 

ご飯のジャンルも様々で、新鮮な魚は勿論のこと唐揚げもあれば焼き鳥もあります。

ちょっと変化が欲しいなと思えばこの通り

ひろめ市場のカレー

カレーもあります(笑)

僕はナンだけ欲しかったので頼んだら超巨大なナンが出てきました・・・!

 

また、お酒も流通力量が少なく市場にあまり出回っていない

日本酒も飲むことができますよ~(美丈夫という銘柄らしいです)

ひろめ市場

 

———–

■ひろめ市場

・場所

高知県高知市帯屋町二丁目3-1

・営業時間

[月~土・祝日] 8時~23時
[日] 7時~23時

———–

 

明神丸の「鰹の塩たたき」

明神丸の鰹の塩たたき

これだけはどんなにお腹いっぱいでも食べてみてください!!

鰹のたたきの常識が変わります。(県民以外)

 

たまに、スーパーで売っている鰹のたたきを食べるのですが

ポン酢と生姜であぁ、うまいな~といった感じじゃないですか。

 

しかし、明神丸の「元祖・塩たたき」を食べたとき

今まで食べてきた鰹のたたきは何だったんだ?

という衝撃を受けます!

 

まず、藁焼きをしているので香ばしい香りと風味があり

この時点で生臭さが無くなっています。

更に一切れが分厚いので噛んだ瞬間に旨味が口の中に広まります。

で、塩とカツオの絶妙なバランス・・・!

 

もう、こんなカツオのたたきを食べちゃったら元に戻れないかも(汗)

 

因みに明神丸はひろめ市場だけではなく

店舗を持って営業されているのでゆっくり味わいたいなら店舗に行くと良いかもですね。

 

また、東京に住まれている方は東京でも味わうことができます

「西新宿」「竹橋」「茅場町」に出店しているので、是非食べてみてください!

 

高知は広い、行く場所を事前に決めよう

本当はもっと観光スポットを周る予定で

最終日となる4日目は高知空港発の夜の便にしていました。

 

ですが、残念ながら4日目は雨で僕らが周りたいスポットは

晴れの日に楽しめるような場所だったので4日目は

イオンモールで仕事をして映画を見て、空港に戻りました。

 

高知県には「四万十川」「仁淀川・にこ淵」「柏島」と言われる

水が絵の具を入れたかのような綺麗な青色になっているスポットがあります。

ですが、1日かけてじゃないと行けない場所なので

時間をしっかり取りつつ、晴れの日に行けるように数日高知に滞在するスケジュールが良いかもですね。

 

ですが、半日だけでも楽しめるところも沢山あり

ひろめ市場では朝から営業しているので朝から酔っ払うこともできますよ(笑)

ひろめ市場

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です