福岡志賀島のホテルZABaNに泊まってみた!

7月1週間の福岡旅行、最後の1泊は

志賀島(しかのしま)にあるホテルZABaNに行ってきました!

 

 

 

志賀島(しかのしま)は、天神からタクシーで10分ほどの博多港から

フェリーで30分の場所にある、とってものどかな島です。

 

 

 

 

港に着いたら、あらかじめお願いしていた送迎車で数分。

坂を上った先に、ホテルZABaNがあります。

 

 

 

 

1階のラウンジで、チェックインの手続きと施設の案内を受けました。

1階は食事会場のラウンジとお風呂が、2階には6つの客室があります。

 

驚いたのは、お風呂がひとつしかないこと!

宿泊するグループごとに入浴時間を予約し、交代で入る仕様です。

 

「共に過ごす友人や家族との会話の時間を大切にしてほしい」

そんな思いが込められているように感じました。

 

 

 

 

宿内は裸足で歩くのがZABaNスタイル。

広い廊下や畳を裸足で歩くと気持ちが良くて、

おばあちゃんの家みたいでなんだか懐かしい気持ちになりました。

 

 

 

 

私たちは海が見えるお部屋へ。

扉を開けると、正面に大きな窓があって、島の景色が目に飛び込んできて、

その美しさに、思わずふたりして「おーーー!」と叫んでしまいました。

 

 

客室はそれぞれコンセプトや内装が違うそうなので、

次回は違うお部屋に泊まってみたいです。

 

 

 

 

 

景色を眺めながら、用意していただいた八女茶を飲んで、

窓辺のソファスペースでしばらくゆったり。

 

 

 

 

そのあとは、歩いて島を散策してみることに。

 

 

 

いやー、何もない!!(笑)ザ・島ですね。

海がきれいでした!

 

海水浴場が数カ所あるので、水着姿のファミリーやグループもいました。

日帰りで海に遊びに来る人も多いのかな。

 

 

 

 

 

部屋に戻って、夕食までの時間はまた景色を見ながらまったり。

 

部屋には、テレビも時計も置いていません。

クラクションや宣伝カーの音もなく、セミの声だけが聞こえる静寂の時間。

 

色がどんどん変わってグラデーションになっていく空に癒されました。

(旦那さんは気持ちよさそうにお昼寝してましたw)

 

 

 

 

夕食は地元の食材を使ったコース料理。

どれもおいしかったですよー!

私は特に、タレと卵でいただく華味鳥のつくねがお気に入りです!(3枚目の写真)

 

 

 

 

飲み物は別でオーダーでき、お酒もたくさん種類がありました。

私は、福岡の地酒をチョイス。辛口でおいしかったー♡

 

 

 

下戸の旦那さんも、ちょっと飲んでた(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日の朝食は、おにぎりか卵かけご飯、好きな方を選べます。

旦那さんは明太子のおにぎりを、私は卵かけご飯をチョイス。

どちらも期待を裏切らないおいしさでした。

 

やっぱ、和食って最高ですね…!(白米が大好きです。)

 

 

 

 

私たちはもう少し島を散策したかったので、

10時にチェックアウトした後に、自転車をお借りしてサイクリングへ。

 

 

 

昨日散歩した道とは反対側(西側)に行ってみたのですが、

さらに海が透き通ってて、本当にきれいでした!!

 

 

福岡県にいることを忘れそうなくらいでした。

 

福岡は天神や博多のように大都市があって、

こんな近くに自然もあるので、都会と田舎のいいとこ取り。

それが、私たちが福岡に惹かれる理由のひとつです。

 

 

 

 

ランチは、サザエ丼で有名な中西食堂へ。

開店11時に行ったのですが、すでにほぼ満席の人気店!

 

志賀島のフェリー乗り場のすぐ近くにあります。

 

 

 

 

サザエのつぼ焼きとサザエ丼をいただきました。

サザエ丼は、エビ・卵・わかめが入ってて、思ったよりもあっさり味。

わさびを混ぜて食べるのがおいしかったです!

 

 

 

 

 

 

 

志賀島、そしてホテルZABaNでは、「何もしない贅沢」を味わうことができました。

 

特に、日常の喧騒を忘れて自然に癒されたい方や

大切な人とゆっくり語る時間をつくりたい方におすすめです!

 

ホテルZABAaNのHPはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です