結婚7年目を迎えて思うこと(夫編)

堤正和(夫)です。

 

嫁さんが結婚7周年目を超えて思うことについて書いてくれました。

結婚7年目を迎えて思うこと

今回は僕の視点から思うことを書かせていただきます。

 

と、その前に先日嫁さんが誕生日だったのでお祝いをしてきました~

お店が渋い感じですが、吉祥寺にある割烹料理屋さんです。

何度か行ったことがあるのですが毎回混んでて、人気のあるお店だと思います。

 

 

ご飯もとても美味しい!

このお店はコースのみですが出す金額によって

メニューが異なるといったスタイルを取られています。

 

そして、誕生日ケーキは手作りしてみました・・・!

豆腐のチーズケーキ

嫁さんと出会って初めての試みです(笑)

 

ということで、

結婚7周年目を迎えて思うことは「共有」「役割」が明確になったかと思います。

 

共有

こちらは同じ事業に取り組むようになって更に明確化したところです。

 

お互いに同じ共通の目標を持ちながら、それに向かって行動をしております。

(直近だと福岡に移住するという目標です)

 

事業では朝会を取り入れたため仕事面でも共有がでてきている形となります。

[夫婦起業]朝会を始めた理由は○○力が欲しかったから!?

 

ですので、プライベートでも仕事でも今まで以上に共有できており

ズレから発生するトラブルも少なくなってきているのではないかなと思います。

 

もともと論争をするタイプではありませんが、

日々のアップデートにより共有を最新にしていれば

事前にトラブル等の芽を摘み取ることができます。

 

これはビジネスでもプライベートでも一緒だと僕は考えております。

 

 

役割

共有に関わってくる部分になりますが、

共有したあとに

 

「では、何をすべきなのか」

「誰が何をやるのか」

 

という流れと行動に持っていくのは非常に重要ですよね。

 

僕らも日々のアップデートで情報や考えを共有しているので

何をすべきか?誰が何をやるのか?

に対しての対策が早いとかなと。

 

特に僕らは夫婦企業なので、

舵切りや新しい要素を取り入れて試してみるというのも

小回りがきいてスモール企業の強みを活かせているではないかと思っています。

 

 

と、ビジネスよりな形になってしまったのですが

僕らも結婚から7周年目ということで現実的な話も・・・

健康面

僕らも若い頃のようにイケイケドンドンではないので

健康面に気を使わないといけないお年頃になってきました(笑)

 

先日、独立をしてから始めて病院に健康診断に行ってきました。

会社員時代は会社がやってくれていましたからね。

その頃は面倒だなと思っていましたが、今となってわかる会社の心使い・・・

 

と、会社のありがたみは置いといて

審査結果はまだ待ちの状態ですが、胃カメラで十二指腸潰瘍が見つかりました。

 

自分では全く自覚症状が無かったのですが

検査して発覚したという形なのでやはり気をつけないといけない年齢になってきたのかなと。

 

僕も嫁さんも体があっての

プライベート・ビジネスですからね~

 

 

結婚7周年目を迎えて更に絆が強くなった

というのが僕の思ったことです。

(嫁さんも同じことを書いてくれてましたね)

 

結婚は墓場だ

 

といういう方もいらっしゃいますが、

それはお互いに共有してなくてズレが大きくなり、

そのズレを解消するのが困難になってる(しようとしない)のかなと。

 

お互いがお互いを選んでパートナーとなっているので

いつまでも心強いパートナーでありたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です