「夫婦起業」とは?

仕事と家事育児の両立に悩み、

オシャレや趣味の時間も取れずストレスばかりが溜まっていく私。

旦那さんも仕事が忙しいのは分かるけど、もう少し家のことも手伝ってくれたらいいのに。

「いつもありがとう」って、本当は褒めてほしいな。

 

 

”一家の大黒柱”という重圧の中で、

満員電車や気の乗らない飲み会に耐えながら必死に働く僕。

疲れて帰っても、奥さんはいつもイライラしていて、自分の家なのに落ち着かない。

「お疲れさま」って笑顔で迎えてくれたの、最近いつだろう。

 

 

 

 

あのとき、ふたりで幸せになるって誓ったのに…

 

日々やるべきことに追われてばかりで、

諦めたり我慢することが当たり前になっていませんか?

 

 

でもそれは決して、

自分の能力不足のせいでも、会社のせいでも、パートナーのせいでもありません。

 

 

「男は仕事・女は家庭」

「働く=企業に勤め続ける」

という昔ながらの価値観に縛られていることが問題だと、私たちは考えます。

 

 

 

 

 

『夫婦起業』とは、「仕事も家事も夫婦でコラボする生き方」。

 

 

「男は仕事・女は家庭」 → 「男も女も仕事と家庭」

「働く=企業に勤め続ける」 → 「夫婦で独立し、共に働く」

 

へのダブルシフトチェンジです。

 

 

 

夫婦で収入を得る力をつけて、ふたりで仕事も家事も協力すればいい♡

 

私たち夫婦は、「人生のパートナー=ビジネスパートナー」という

”チームプレースタイル”を推奨しています。

 

 

 

・雨の日も電車が遅延している日も、満員電車に乗って出勤しなければいけない

・有給が取りにくくまとまった休みが取れない

・パートナーの体調や子どもの行事に合わせて会社を休むなんて至難の技

・仕事が忙しくて、平日は夫婦で会話することもままならない

・付き合いの飲み会や接待ばかりで、帰って寝て翌朝出社して…の連続

・仕事が忙しくて部屋はいつもごちゃごちゃ

・時短勤務をして、退社後は走って子どもを迎えに行って家事に追われる

・仕事と家庭の両立なんて無理!しんどい

 

 

これって、会社が決めた就業規則の中で不自由な思いをしてるからですよね…。

 

会社に雇われずとも収入を得られる力をつけて

仕事内容・勤務地・勤務時間を自分たちで決めることができれば、

そのストレスや不満も和らぎます。

 

 

独立して個人で働くには全責任を自分が負う覚悟も必要ですし、孤独でもあります。

でもだからこそ、信頼関係と絆が前提にある夫婦がタッグを組めば、心強い。

 

「人生のパートナー」=「ビジネスパートナー」って、最強じゃないですか?

 

 

夫婦で独立すれば、

時間を合わせて、平日にゆっくりランチに行ったり、

好きなタイミングで旅行に行くことだってできますしね。

 

 

手が空いている方が食事を作ればいいし、

仕事の負担が大きそうだったら手伝えばいい。

家事やシッターの代行サービスを上手に使ったっていい。

 

性別で役割を分けるなんて、もう時代遅れ。

互いに得意なものを担って、臨機応変にやっていけばいいんです。

 

 

 

 

このブログでは、『夫婦起業』3年目を迎えた私たちが

「仕事」と「暮らし」をテーマに、『夫婦起業』の日常を発信していきます。

 

仕事と家庭の両立や夫婦関係に悩んでいる方の参考になれば、嬉しいです。

 

 

 

=夫婦の働き方を変えれば、夫婦の生き方が変わる=

「仕事も家事も夫婦でコラボする生き方」

私たちと一緒に、『夫婦起業』はじめてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です