私たちが「男は仕事、女は家庭」に縛られていない理由

えーっと、ちなみに私は「女性は男の人に養ってもらうもの」って前は思ってた(笑)

ゆかり

まさかず

「専業主婦になりたい」って言ってたことあるもんね。
「結婚したら楽できる」ってね(笑)私は潜在的に「結婚ってそういうものだよね」って思ってたよ。(※その後、正和との出会いを機に価値観が変化し、今に至る。)

ゆかり

まさかず

僕は元々その価値観がないんだよね。僕の母親は専業主婦だったから「男は仕事、女は家庭」って思ってもおかしくない環境だったんだけど…。会社の環境に影響を受けたんだと思う。

まさかず

勤めていたのがIT系の企業だったから、男女比が同じくらいで、男性も女性も関係なくバリバリ働いてた。どちらかというと実力主義だったから、能力ややる気がある女性はキャリアアップしてたしね。あとは、DeNAの会長が女性なんだけど、その方は一代でDeNAを築いたのを知ってるから、男も女も関係ないって感じたのが大きいかな。
「女性だから」って(結婚・出産で)働くことを放棄するのはもったいないと思う。仮に専業主婦になったとして、毎日家事をこなすことの繰り返しは、その人にとって本当に良いことなのかというと、そうとも限らないんじゃないかな。
女性も活躍できる場が増えてきたし、色んな働き方があるもんね。
家事が大好きって人は別だけど、結婚したからといって働くことを諦めて家庭だけを選ぶ必要もないし、男性側としてもパートナーにはやりがいを感じていきて欲しいから、そういう意味でも仕事を続けてくれた方が嬉しいし応援したいっていう考えだね。

ゆかり

まさかず

うん、僕自身はそれを推奨してる。
「家事育児は女性がやるもの」っていうのが一般的にまだまだ根強いけど、家事育児も性別関係なくふたりで協力すればいいじゃんっていう考えだよね。すごくフラット。

ゆかり

まさかず

専業主婦を選んだのであれば家庭のことを全部請け負うのは当然だけど、お互いに働いているんだったら、分担すればいいと思ってる。
あくまで対等な関係として、協力していけばいいっていうことだよね。

ゆかり

まさかず

そうだね。そしてそのひとつの理想の形が、僕らが提唱している「夫婦起業」
会社員同士でも工夫や気遣い次第で家事育児の協力・分担はできるけど、手っ取り早く実現する方法は「独立して働き方を変えちゃうこと」っていうのが私たちの考えだよね。働く場所や時間が自由であれば、融通が利きやすいし、当たり前に自然に分担できるもんね。

ゆかり

まさかず

それこそ、家事を外注するのもありだしね。
うんうん。便利な代行サービスもたくさんあるしね。「自分がやらなきゃ」「ふたりでやらなきゃ」って抱え込まなくてもいいと思う!

ゆかり

まさかず

固定概念があると「全部を自分でやらなきゃ」と思って息がつまるから、ちょっと立ち止まってみるといいよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です