福岡移住して後悔しないために「2ステップ移住」を取り入れよう!

福岡移住後悔

こんにちは!

東京から福岡に移住した堤正和です。

 

「福岡ブラックホール現象」

という言葉をご存知でしょうか?

 

福岡ブラックホール現象とは、

「あまりに住みやすさに他の都市に住みたくなくなり出られなくなってしまう」

ということで、テレビでもよく取り上げられる話題になっています。

福岡移住に後悔してる?

僕もある意味、福岡ブラックホールに飲み込まれたのですが

福岡移住には「満足」していて、できれば福岡に住み続けたいと思っています

 

では何故、後悔してるかなんて項目を付けたのかというと

福岡移住後悔

僕のブログに「福岡 移住 後悔」というキーワードで

辿り着いた方もいらっしゃるからです。

 

僕のブログには後悔しているような記事は書いてませんが、

移住をして後悔するような要素がないか知りたくて来てくれたと思うので

僕なりに「福岡移住して後悔しないために」を考えて書いていきます。

いきなり田舎に行くのはオススメしない

福岡移住後悔

福岡と言っても、地区毎に見ると千差万別で

博多や天神のような都会もあれば、板谷地区のような限界集落と言われる田舎もあります。

 

ですので、都会暮らしとあまり変えないライフスタイルもできれば

本格的な田舎暮らしも可能です。

「移住してどういった生活をしたいのか?」

を移住前に決めておくことが重要です。

憧れと現実は異なる場合がある

移住を考えた際に都会にはない「自然」を求める人が多いです。

僕自身も「自然」を求めた一人です。

 

しかし、「自然=田舎」と安易に考えるのは危険です。

 

特に都会に住んでいた人こそ

いきなりの田舎暮らしはハードルが高いと思っています。

 

福岡に限らず地方の田舎に移住に失敗した方の共通点として、

「田舎の特殊ルール」があるようです。

 

例えば、

・町会費がほぼリーダー格の私用に使われていて、抗議したら村八分になってしまった

・消防団に入らなかったら、職場にも影響するので入らざる得ない

・悪い噂がたつと最後。一気に広まり周囲から白い目で見られる

など

 

僕の父の実家も今ではほぼ限界集落と言っても良い場所にあり

上記のような陰湿なものではありませんが、確かに特殊ルールがあります。

すべての田舎に村八分があるわけではない

だからといって、

「すべての田舎に村八分があるわけではない」

ということを声を大にして伝えたいです。

 

田舎でも移住者に対してオープンのところもありますし、

逆に移住してきた若者達に、村を託すという田舎もあります。

 

僕の知り合いで、東京から福岡の田舎に移住をしている方がいらっしゃるのですが

その方はもともと住んでいた地元の方の協力も得て

田舎で事業を立ち上げ、順調な売上を出されています。

 

ですので、

住みたい田舎がどのような風習なのか事前に調べておくと、

移住しても失敗や後悔はしません。

地方の都心部にまず住んでみる

福岡移住後悔

田舎暮らしといっても先程書いたような

「風習」だけが問題でありません。

 

田舎になれば都会よりもお店の数は少ないですし、

虫を見る機会も多くなります。

場所によっては車がないと不便と感じるでしょう。

 

諸々含めて、いきなりの田舎暮らしはオススメできないわけです。

2ステップ移住で考えよう!

では、田舎暮らしを目指さないほうが良いのか?というとそうではありません。

 

田舎暮しを目指すには「2ステップ」で考えると

移住しても失敗や後悔の確率は格段に減ります。

2ステップ移住ってどういうこと?

その地域の都心部(or 都心部から少し外れたところ)に移り住む

1,地方暮らし自体が自分や家族にあっているか?

2,住みたい田舎の情報収集を都心部に住みながらする

3,田舎に引越しをしても問題ないか?

問題なければ「田舎」に引越して、田舎暮しへ

地方暮らし自体が自分や家族にあっているか?

まず、地方暮らしに自分や家族があっているかどうかが重要です。

なんだかんだで、東京や大阪といった大都市と比べると

仕事面(給料)でもライフ面でも劣る部分はあります。

 

更に田舎へ行けばもっと利便性は減るので、

この時点で厳しければ田舎に住むことはオススメはできません。

住みたい田舎の情報収集を都心部に住みながらする

次に、地方暮らしに問題なければ

住みたいと思っている田舎の情報収集をしていきましょう。

 

田舎の情報収集をする上では近くに住みながら

徐々にしていくが良いと思っています。

 

旅行期間中に田舎の情報収集をするというのは

情報量として少なすぎて正確性がありません。

 

また、自治体が「田舎暮し体験」といった企画を開催しているときもありますが、

移住をしてほしいために、ゲスト的な扱いで本当のところは

伏せたままで本質はわからないのでは無いかなと個人的には思います。

(あくまで個人の感想です。実際に体験したことがないので予測になります)

 

ですので、都市部に住みながら

住んでいる人と話をしてみたり(直接は無理でも、職場の同僚や友人伝いで話を聞けると思います)

実際に何度も通ってみて、顔見知りを作ったりと

腰を据えて情報収集していくのがベストです。

 

田舎に引越しをしても問題ないか?

情報収集した上で、田舎に引越しをしても問題ないかを決めましょう。

ここまで、しっかりと知った上で田舎暮らしをするなら、

田舎暮らしに失敗したとか後悔したという確率は確実に減らせますよね。

まとめ

福岡に移住にすることは僕自身「最高の選択」じゃないかなと。

是非、福岡ブラックホールに飲み込まれてください(笑)

 

そんな僕も田舎暮らしを夢見る一人です。

何故、田舎暮らしをしたいかというと「犬」を飼いたいんです。

だけど、ペットが飼えるマンションってなかなか無いですよね。

あっても、家賃が割高で小型犬だけだったりして・・・

 

田舎の一軒家であれば家賃も安くて、犬も飼うことができると憧れます。

ですので、僕自身もゆっくりと情報収集をして

これから田舎暮らしをするかどうかを決めたいと思います。

 

因みに、福岡に来て最初に住む街として僕が超絶にオススメするのは「姪浜」です!

福岡移住・転勤は「姪浜」住まいが最適!姪浜をオススメする5つの理由

田舎に近くても、圧倒的な住みやすさがあります^^

当然ながら姪浜では特殊ルールもありませんよ~

是非記事を読んでみてください。

 


今回の記事はYouTubeでも公開しておりますので、是非ご覧ください。

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です