「福岡空港あるある」ビールが無料で飲める!?月1以上で空港を利用する僕が挙げてみた

福岡空港あるある

こんにちは!

東京から福岡に移住した堤正和です。

 

仕事や旅行で福岡空港を月1以上利用しているのですが、

「流石!福岡空港」と思う部分もあれば「うーん・・・」と思う部分もあるので

この機会に【福岡空港あるある】としてピックアップしていきます^^

 

1:福岡空港のアクセスの良さ

福岡空港 アクセスの良さ

福岡空港のアクセスの良さは有名です。

初めて福岡空港に来た人はほぼ全員驚きますし、

僕自身も最初来たときに「半端ないって!」と驚いたものです(笑)

 

では、その福岡空港の実力をお伝えしましょう。

 

空港線の電車まで神がかりの導線

まず、福岡空港からのメインの移動手段となるのが

空港線(地下鉄)になります。

福岡 空港線

電車にたどり着くまでどれくらいの時間がかかるのかというと、

国内線の荷物受け取り出口(南)からスタートして

かかる時間は「約2分」です・・・!

 

めっちゃ早くないですか?

実際に僕が撮った動画があるので見てみてください。

※この記事の下に動画を貼っときます。

 

また、荷物受け取り出口(北)は南と離れているのですが、

それでも5分以内には電車に到着できるかと思います。

 

「博多」「中洲」「天神」が超近い

博多駅

そして、空港から空港線の主要な駅である

「博多」「中洲川端」「天神」までにかかる時間も驚くほど近いです。

 

博多 → 約6分

中洲川端 → 約9分

天神 → 約12分

 

因みにざっくりとそれぞれの駅がどのようなものかを例えると

 

博多:新幹線も出ていて福岡の中心となる街。東京で言うと東京駅

中洲川端:九州最大級の飲み屋街。東京でいうと歌舞伎町

天神:ショッピング店が多く、若者が多く集まる街。東京でいうと渋谷・原宿

 

帰りのときも福岡空港まで近いので、

フライト1時間前まで遊んだり、飲んだりが可能です。

(預ける荷物が少なくて、事前にオンラインチェックインを済ましていれば、オススメはしませんがフライト20分前についても間に合います。)

 

福岡空港までの近さも僕が福岡移住を決めた理由の一つとなります。

 

2:フライトの遅延

福岡空港 遅延

先程は、福岡空港の良い面を挙げましたが

残念ながらデメリットの部分もあります。

 

それは「フライトの遅延」です。

 

福岡空港はフライト時間きっかりに離陸することが体験的に少ないです。

だいたい15分位は待つ形で、先日は30分待ちでした(汗)

 

何故、遅延が起きてしまうのでしょうか?

その大きな理由として「滑走路の少なさ」が挙げられます。

 

現に、福岡空港の滑走路では離陸を待つ飛行機が並んで

離陸許可の順番待ちしている姿が飛行機内からも確認できます。

 

滑走路が1本しか無い

福岡空港 滑走路

福岡空港には滑走路が1本しかないのです・・・

 

福岡空港の発着回数は国内第4位の約17.9万回となります。

(1位:羽田、2位:成田、3位:関空、4位:福岡)

※2017年度国土交通省調べ

 

そして、それぞれの空港の滑走路の本数ですが

羽田:4本、成田:2本、関空:2本、福岡:1本

となり、完全に福岡空港の滑走路のキャパシティはオーバーをしているのです。

 

じゃあ、滑走路を増やせばいいじゃん!

となるのですが、簡単に増やせない問題があるのです・・・


マップで観てもらえると分かる通り

福岡空港の周りはビッチリと建物で埋まっており、

余っているスペースで滑走路を作れば良いという形ではないのですね。

 

滑走路を2本に・・・!

福岡空港 フライト遅延

とはいえ、いつまでのこのまま遅延し続けるわけにもいきませんし、

福岡県は勿論、日本国としても発着回数を増やせれば収益が更に伸びることが予測できます。

 

ということで、2015年に敷地内に2本目の滑走路を増やすという計画が決定され、

2016年から滑走路を増やす工事が着手されています

 

では、肝心な

「いつに滑走路が2本になるの???」

 

という部分については、2024年に完成予定となっております。

滑走路の計画が決定してから完成するまでに結構時間がかかるものなのですね~

 

掻い摘んで話を書きましたが、更に興味がある方は国土交通省の資料を読んでみてください。

国土交通省「福岡空港滑走路増設事業における新規事業採択時評価について」

https://www.mlit.go.jp/common/001065917.pdf

 

3:カードラウンジでビールが飲める!

福岡空港 カードラウンジ

空港のラウンジはいくつか種類がありますが、

カードラウンジは複数のカード会社が共同でラウンジを運営していて、

ゴールドカード以上を持っている人が利用できるラウンジとなります。(一部例外あり)

 

実は、福岡空港のカードラウンジは

国内線でビールが飲める貴重なラウンジなのです・・・!

僕は下戸なので、お酒を飲みませんがビール好きにはたまらないでしょうね~

行きに1杯、帰りに1杯と・・・

 

因みに、国内線でビールを飲むことが出来るのは

「福岡空港」「熊本空港」

の僅か2つしかないのです。

 

また、飲めるビールの種類は

福岡空港 カードラウンジ

「アサヒスーパードライ」「キリン一番搾り」

となり、アサヒ派でもキリン派でも安心できるラインナップになってます。

 

僕みたいにお酒が飲めない人はソフトドリンクのドリンクバーが用意されています。

ファミレスのドリンクバーのような形で、種類もあるのでこちらも満足できる内容だと思います。

 

福岡空港に来たときにはしっかりと飲んでいってくださいね(笑)

 

番外編:ラーメン滑走路

ラーメン滑走路

福岡空港にはラーメンに特化した

「ラーメン滑走路」というレストランエリアがあります。

 

ラーメン滑走路では福岡名物の豚骨ラーメンを堪能できますので

福岡で食べ忘れてしまった方も、最後に豚骨ラーメンを食べることができます!

 

しかし、このラーメン滑走路

僕には「うーん・・・」という部分があるのです。

 

それは、お店のラインナップ

ラーメン滑走路

豚骨ラーメン屋が2件しかないのは、豚骨ラーメンだけだったら飽きるのでわかります。

しかし、福岡はまだしも九州のラーメン屋以外もラインナップされているのです。

 

ラーメン道場

北海道にも似た形で「北海道ラーメン道場」というのがあるのですが、

こちらは北海道のみのラーメン屋で構成されていて

北海道のラーメン屋を宣伝していこうと感じ取れます。

 

しかし、ラーメン滑走路は東京・大阪・北海道などのラーメン屋もあり

福岡・九州のラーメン屋を宣伝していこうといった形ではありません。

 

ラーメン道場とはコンセプトが違って

「知る人ぞ知るラーメン店が福岡空港に着陸し、ここで有名になった店舗がまた全国に飛び立って欲しい」

ということなので、まぁこれもありっちゃありですけどね。

 

福岡に移住した人が「福岡愛」が強くなるよと言われていたのが

僕にもしっかりとわかった件でした(笑)

 

まとめ

福岡空港をよく使うので、他の空港と異なる部分を

あるあるという形で挙げてみました!

 

もし、知らなかった事があれば次に福岡空港を利用する際に

是非活用いただければと思います。

 

今回の記事はYoutubeでも公開しておりますので、是非ご覧ください。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です