「オンとオフの切り替えがない人生」のススメ

まさかず

今日は、オンとオフの切り替え方について話そうと思います。
これ、すっごくよく質問されるよね。

ゆかり

まさかず

結論から言うと、オンオフの切り替えはしてないよね。今はうちの会社は従業員も入れてないし、外注もしてなくて夫婦ふたりで担ってるところがほとんどだから、切り替えはできてない。最初のうちは、オンオフの切り替えって難しいよね?
うーん、オンオフの切り替えが良いことだとは思ってないんだよね。むしろ、オンオフの切り替えがないことが良いと思ってる。

ゆかり

まさかず

ほお。人によっては、オンとオフの境目がないとストレス発散できないって人もいると思うんだけど、どうやってストレス解消してる?
普通にできてるよ。趣味の読書とか、日々勝手にやってるし。
そもそも、「オンとオフのスイッチを切り替えないといけない」っていう考え方は、オン=「頑張らなきゃ」「やらなきゃ」ってことがあるんだと私は解釈していて。もちろん、私にも「やるべきこと」はあるよ。だけど、それも含めて「自分がやりたいこと」「自分でやるって決めたこと」をやってるから、仕事することも、誰かとご飯を食べに行くことも、本を読むことも、どれも違いがないんだよね。…伝わってるかな?

ゆかり

まさかず

うんうん。自分のやりたいことができてるから、切り替えなんてできなくても良いってことなのかな?なるほどね。

まさかず

僕も自分がやりたいことをやってはいるけれども、事業の拡大に伴って「やりたくないこと」も入ってくるわけで。自分にしかできない部分で「やるべきこと」はあるから、そこに対してどうやってストレス発散をしてるかというと、作業と作業の合間にちょこちょこYouTube観たりしてる。まとまってオフの時間は取らないんだよね。
あー。マルチタスクって感じ?同時進行というか。

ゆかり

まさかず

業務によってはある程度時間をかけてじっくり取り組むものや、その都度キャッチする最新情報を元に瞬間的に動くべきものがあるから、こまめに気分転換してる。
オンとオフがごちゃ混ぜなんだね。

ゆかり

まさかず

オンオフを明確に区切るようなスケジューリングはできないw
逆に、そういうスケジューリングをしたいってこと?

ゆかり

まさかず

…いや、多分ね、したくないw
えっ?(笑)じゃあ、今のスタイルが良いってことだね。

ゆかり

まさかず

僕はやろうと思ったときの集中力がハンパないから、そこを事前に管理するのは難しいと思ってる。
その時々のテンションだったりコンディションに合わせてるんだね。

ゆかり

まさかず

だから、オンオフの切り替えは、してるっちゃしてるし、してないっちゃしてない。
あー。そういう意味では、私も同じ感じだな。私もブログ書きながら誰かのブログ読んだりとかしてる。

ゆかり

まさかず

結局、息抜きも仕事に繋がるよね。YouTube観てても、その人の動画の作り方を見て勉強になるし。
「オン=仕事・オフ=プライベート」という概念自体がなくなったよね。だから、質問されるとけっこう困るw
今までだったら、会社でやることと、会社から一歩外を出てやることって交わってなかった。別物として扱っていたけど、個人で仕事をすることを通じて、全部関係してくるってことが分かった。それは、起業してようと会社員であろうと関係ないと思っていて、すべて自分のためになるし、仕事に活かせる。だから、仕事とプライベートは区切れない。「どちらも人生を楽しむ要素」だと今は思ってるから、オンとオフの境界線がない人生の方が楽しいな♪

ゆかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です